函館市、七飯、福島、江差で、今評判の予防管理型歯医者 | 福田歯科医院公式サイト

〒040-0036 北海道函館市東雲町20-12
受付時間
午前9:00~12:30 午後15:00~17:30
交通機関
市電/函館駅前駅から徒歩7分 JR/函館駅から徒歩10分
お車
駐車場あり

0138-26-8148 「ホームページを見た」とお伝えください

ご予約はお電話で

始めよう!MTM(メディカルトリートメントモデル)

むし歯のメカニズム

齲蝕(むし歯)のメカニズム

歯は「脱灰」と「再石灰化」を繰り返しています

歯は、「カルシウムイオン(Ca2+)」や「リン酸イオン(PO43-)」を含む「ハイドロキシアパタイト」から構成されており、通常唾液やプラークに含まれるカルシウムやリン酸イオンなどと平衡状態を保っています。

しかし、飲食などで糖分をとり、その糖分から「ミュータンス菌」などの齲蝕(むし歯)原因菌が、酸を産生し、唾液やプラークなどの環境が酸性になると、平衡状態が崩れ、歯質は飽和度を保つために溶解し、カルシウムイオンとリン酸イオンを補い、平衡状態を保とうとします。この溶解する現象を「脱灰」と呼びます。そして唾液中の成分の1つである重炭酸イオン(HCO3-) や溶解したリン酸イオン、水酸基イオン(OH-)が、環境を酸性にする水素イオン(H+)と反応して中和され、歯をとりまく環境が過飽和の状態になると再び歯に取り込まれます。この現象を「再石灰化」と呼びます。

脱灰と再石灰化のバランスが崩れて酸に負けると、むし歯になってしまう

このとき、フッ化物イオン(F-)が介在すると過飽和となる閾値(しきいち)が下がるため、過飽和状態になりやすく、そのためカルシウムイオンやリン酸イオンが歯に取り込まれるのを促進します(再石灰化の促進)。

逆に水素イオン(H+)が増えるとその閾値を上げてしまうため、再石灰化もされにくくなります。歯は、このように、毎日、脱灰と再石灰化を繰り返していますが、プラークの停滞や間食が多いなどで酸性状態が長く続くと、再石灰化する間もなく脱灰が進み、再石灰化作用では元に戻らない不可逆性の齲蝕(むし歯)となってしまいます。

特に歯頚部(しけいぶ)のむし歯が起きやすい特徴があります

歯周病や、ブラッシング時に、歯ブラシで過剰な圧力をかけすぎたりすることなどにより、歯肉の退縮が起きると、象牙質が露出してしまい、冷たいものやブラッシングでしみたりすること(知覚過敏症)が起こります。また、象牙質は、エナメル質よりも酸におかされやすいため、齲蝕(むし歯)になりやすいのです。歯根露出における齲蝕(むし歯)= 歯頚部齲蝕(しけいぶうしょく)の発症で、留意しなければならないことは、エナメル質の齲蝕(むし歯)と異なり、弱い酸でも脱灰が生じる点です。

エナメル質の脱灰はpH5.5以下で生じるといわれていますが、根露出部の象牙質においては、pH6.2程度であるといわれています。この酸の強さを単純な数値になおすと、約5倍程度の酸の強さがあると考えられ、歯根露出部がいかに弱い酸で脱灰されるかが理解できるでしょう。

ミュータンス菌とラクトバチラス菌

齲蝕(むし歯)を引き起こす病原性がもっとも強い細菌は、縁上(歯肉より上の部分)プラーク中に多く存在する「ミュータンス菌」(Mutansstreptococci)です。

この菌は、歯面に対して強い付着能を持っているため、やがてコロニーをつくり、低いpH環境の中でも生存し、酸を産生します。脱灰の初期に重要な役割りをはたすと考えられています。

もうひとつの強い病原性をもつ「ラクトバチラス菌」は、付着能をもっていませんが、定着できる「すみか」があると増殖を起こし、しばしばう蝕の深部にみられることから、脱灰の後期に重要な役割りをはたすと考えられています。

ラクトバチラス菌は、口腔環境が不良であれぱあるほど増殖するところから、その量を知ることで口腔環境や食習慣を客観的に評価できるといえます。

唾液の働きについて

人間のもっている齲蝕(むし歯)に対する抵抗力のうちでもっとも大きな力は唾液です。

唾液の働きについて

  • ●洗浄作用唾液は歯面や口腔内を洗浄します。
  • ●殺菌・抗菌作用唾液中の免疫抗体、リゾチーム、ペルオキシダーゼ、ラクトフェリンなどに抗菌作用があり、プラークの形成・発育を抑制します。
  • ●緩衝作用口腔内の酸、アルカリを中和します。
  • ●抗脱灰作用pHを高めて、歯の溶解を低下させ、また、エナメル質、象牙質の再石灰化を促進させます。

唾液はこのような優れた働きをしていますので、分泌量が多いほど、齲蝕(むし歯)の予防効果は高くなります。

歯質について

その人の歯質も、抵抗力のひとつです。一般的に、エナメル質の脱灰が起こる臨界pHは、5.5~5.7ですが、象牙質、セメント質、幼若永久歯、乳歯の場合、pH5.7~6.2程度とされています。歯質によって臨界pHが若干異なる場合があるのです。

食事とpH(ペーハー)の関係について

食事をとるたびに、口腔内は数分で酸性になり(pHが低くなる)、歯の表面の成分(カルシウム・リン)が溶かされはじめます(脱灰)。 40分ぐらい時間がたつと、pHは高くなり、溶かされた歯の成分はもとにもどされます(再石灰化)。

規則正しい食習慣

間食が多い食習慣

むし歯とフッ素の関係について

フッ素はむし歯予防に、次の4つの働きをします。

  • ・再石灰化の促進作用。
  • ・再石灰化の際にフルオロアパタイトを生成し、より耐酸性の高い歯質とする。
  • ・酸の産生を抑制する。
  • ・抗菌作用がある。

唾液の中にはリンやカルシウムが溶けていて、それが歯の中に染み込んだり(再石灰化)、歯から奪われたり(脱灰)しています。フッ素は、この再石灰化を促進し、脱灰を抑制します。

歯と唾液とプラークの間では、常にカルシウムとリンの交換、つまり脱灰と再石灰化がおこなわれています。この時、酸性状態 (phが低い)が続くと、脱灰が進行し、やがて初期むし歯になってしまいます。しかし、フッ素は再石灰化を促進し、エナメル質の表面にフルオロアパタイトを生成してより耐酸性の高いエナメル質を形成します。また、プラーク中の細菌の酵素を阻害する働きがあるため、酸の産生も抑制します。

一度削った歯は、二度と元には戻らない

歯は一度削ったら、二度と元には戻りません。人間の身体の他の部分では、例えば、転んで擦り傷ができてもそのうち治ります。骨が折れても、固定することで骨はくっついて治ります。

それに対し、歯の場合は、身体の他の部分と異なり、自身で元通りに修復する能力がありません。そのため、悪くなった部分を削ってしまったら、人工の物で補うしかありません。これが身体の他の部分が同じだったらどうでしょう。例えば足首が骨折したら、そこから下を切除して、金属でできた足をつけなければならないとしたらどうでしょうか。

神経を取った歯は、枯れ木のように脆くなり、歯の根の部分が割れてしまったり(破折)、根が感染して膿が出たりと、抜歯へ向かっていくリスクも高くなります。そのような事を歯では行っていると言っても過言ではないでしょう。

それにもかかわらず、多くの方が「歯を治療したから治った」とおっしゃいますが、実は、それは間違いなのです。悪くなってしまった歯を元通りに治すということは不可能で、決して「治った」訳ではないのです。
また、一度削ってしまった歯は、詰め物や被せ物をしても、微細なすきまからう蝕(むし歯)の原因菌が入り込み、再発して、神経を取らなければならなくなったりもします。

ページ上部へ

Copyright (C) FUKUDA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ