函館市、七飯、福島、江差で、今評判の予防管理型歯医者 | 福田歯科医院公式サイト

〒040-0036 北海道函館市東雲町20-12
受付時間
午前9:00~12:30 午後15:00~17:30
交通機関
市電/函館駅前駅から徒歩7分 JR/函館駅から徒歩10分
お車
駐車場あり

0138-26-8148 「ホームページを見た」とお伝えください

ご予約はお電話で

始めよう!MTM(メディカルトリートメントモデル)

歯周病のメカニズム

歯周病のメカニズム

歯周病の発症は歯周病菌の感染によって起こります。口腔内には300~400種類の細菌が存在していますが、その中でとくに歯周病菌となる特異な細菌は、

・アクチノバチルス
・アクチノマイセテムコミタンス(A.A菌)
・プロフィロモナス・ジンジバリス(P.G菌)
・プレボテーラ・インテルメディア(P.I菌)
・スピロヘータ

などがあります。これらの菌が、「歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)」の中で異常増殖すると、「歯周ポケット」が形成されます。歯周ポケットが形成されると、歯ぐきの付着部が歯面からはがれ、続いて歯ぐきが腫れてきて、 ついには「歯槽骨の破壊」を起こさせます。

バイオフィルムについて

歯の周囲にくっついている様々な歯周病菌は、互いに集まり、自分たちの出す物質で「バイオフィルム」という、ネバネバしたバリアーのようなものを作りだし、自分たちのコロニーを守ります。このバイオフィルムは非常にやっかいで、水を通しません。薬をかけても、バイオフィルムに阻まれてしまいます。

細菌バイオフィルムの本体

細菌バイオフィルムの本体は細胞と細胞がつくりだす基質

健康な歯肉溝では、バイオフィルムの75%が常在菌(善玉菌)であり、歯周病の病原性はありません。これに対して、成人型歯周炎の人の歯周ポケットでは、悪玉菌が75%を占めています。このように、健康な歯肉溝と歯周病の歯周ポケットとのバイオフィルムにはその細菌の種類や割合に大きな違いがあります。歯周病に罹患した歯周組織を健康な組織にする為には、バイオフィルムを破壊して、歯周病菌をできる限り除去し、悪玉菌の数を減らさなければなりません。

善玉菌と歯周病菌が手をつないでバイオフィルムを形成

  • 根面につくられた膜に細菌が付着。
  • 細菌が手に手を取って集まる。最初に付着した細菌は八方美人で、どんな細菌とも手をつないでしまう。
  • 後になって手をつなぐ細菌は悪性度の高い歯周病菌が多い。
  • 細菌がマンションのように階層になってバイオフィルムを形成。

バイオフィルムがやっかいなのは、バリアーで覆われているので抗菌剤や消毒剤などの薬が浸透しにくく効きにくいことです。したがって、今のところ歯ブラシなどで物理的に除去する以外に方法がありません。

バイオフィルムは歯ブラシでなどで物理的に壊して除去する必要があります

  • この汚れ部分に…
  • 消毒液をかけても…
  • 全くきれいにはなりません。
  • ブラシで丁寧にこすることでのみ
    きれいになります

バイオフィルムはハミガキをして物理的に除去しなければならないのですが、どうしても歯ブラシの届きにくい部分がでてきます。歯ブラシの届きにくい部分を残してしまうと、その部分から歯槽骨が失われていくので、歯科医院で、専門家による対応が必要です。

歯ブラシのできない部分は歯科医院で専門家による除去が必須です

バイオフィルムができやすい人

歯ブラシがきちんと当たる箇所はバイオフィルムができる前にとれてしまいますが、以下の方はできやすい条件があるので注意が必要です。

  • ・ブラッシングがうまくできない人
    ・歯周ポケットが深い人
    ・矯正治療中の人
  • ・修復物の多い人
    ・歯並びが悪く角度的に歯ブラシがうまく当たらない人

※バイオフィルムを除去するには、歯科医院での定期的なプロケアが必須となります。

歯が埋まりくっついているのは「歯槽骨」であって「歯ぐき」ではありません

歯には根の部分(歯根)があります。歯根は、歯を支える骨(歯槽骨)に埋まって膜の様なもの(歯根膜)でくっついています。

そして歯ぐきはこれらを覆っているだけです。歯周病は、歯周病菌の出す毒素で、まず歯ぐきが腫れ(歯肉炎)、そしてついには顎の骨が溶けていく(退縮)恐ろしい感染症です。ただ、歯ぐきがあるため、見えない部分では、想像以上に骨がなくなっているケースが多いということを知っておく必要があります。

歯は右図のように、骨(歯槽骨)の中にトランポリン状になって浮いています。

歯茎を取ってみると…

歯周病は静かに進行し、歯科医院を受診した時には抜歯ということも…

歯周病はサイレントディシーズ(静かなる病気)と呼ばれ、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多い病気です。このようなことから、気づいた時には抜歯となってしまう場合も少なくありません。歯周病に関する注意点は40歳まではほとんど歯を失ってないという点です。40を過ぎてから、歯を失う本数は加速していきます。

・45歳~55歳 3本の歯を失います(平均)
・55歳~65歳 5本の歯を失います(平均)
・65歳~75歳 8本の歯を失います(平均)

そして、歯を何本も失い、治療方法が入れ歯かインプラントの選択しかなくなってはじめて、自分自身で歯が加速度的に無くなっていくことを実感し、その頃には相当状況が悪くなっているのです。

歯周病の進行度

日本人の歯を失う原因1位は「歯周病」です

日本人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく、「歯周病」です。

平成17年に財団法人8020推進財団が発表した「永久歯の抜歯原因調査報告書」によると、歯を失う原因の実に41.8%を歯周病は占めており、むし歯よりも多いという結果が出ています。また、平成23年に厚生労働省が行った「歯科疾患実態調査」によると35歳以上の国民のうちの8割が何らかの歯周疾患の所見があることが確認されています。

歯周病は最終的に歯を失う可能性が高いだけに、常日頃から歯科医院での診療を受けるようにしましょう。

ページ上部へ

Copyright (C) FUKUDA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ