函館市、七飯、福島、江差で、今評判の予防管理型歯医者 | 福田歯科医院公式サイト

〒040-0036 北海道函館市東雲町20-12
受付時間
午前9:00~12:30 午後15:00~17:30
交通機関
市電/函館駅前駅から徒歩7分 JR/函館駅から徒歩10分
お車
駐車場あり

0138-26-8148 「ホームページを見た」とお伝えください

ご予約はお電話で

むし歯の治療

むし歯の治療

むし歯の原因

むし歯の原因は人それぞれ違います。むし歯は左図の三つの輪で表されるように三つのファクター(要因)から発生します。

この三つの要素が重なり合った真ん中の三角部分があなたのむし歯をつくる原因です。むし歯の治療は、ただ単に、歯を削ったり詰めたりだけが治療ではありません。福田歯科医院では、むし歯のリスク検査(サリバテスト)を基にむし歯の治療を行っています。

むし歯のリスク検査(サリバテスト)

サリバテストとは

サリバテスト(唾液検査)は「虫歯になる根本的な原因」を突き止め、どの程度虫歯が発生するリスクがあるかを確認するための検査です。この検査で現状を把握し、管理する事で虫歯を発生せず、今後の治療を必要としないお口づくりの対策を立てます。

原因が違えば、予防法も違います。むし歯の原因の組み合わせは人それぞれ。サリバテストによってむし歯のなりやすさを調べて、ご自身にとって最も効果的なむし歯予防法をしましょう。

サリバテストの方法

リラックスをした状態で、味のついていないガムを噛みながら、静かに唾液を出します。(5分間)

唾液の量

唾液は多く出るほど、以下のような働きをしてくれます。

  • ・口の中の食べ物を早く洗い流す
  • ・歯の質を強くしてくれる
  • ・抗菌作用が働く

緊張やストレスが高まるとだけ機分泌が少なくなるようないわゆる口が渇く状態となります。唾液は多いほうが汚れや臭いを洗い流す効果が期待できるので、口臭予防にも効果があります。

唾液の中和力

緩衝能を判定します

食後の歯が溶けやすい環境から、どれくらい早く通常の状態に戻るのかがわかります。検査用紙が5分間に、何色になっているか調べます。唾液の大きな特徴の一つ、酸やアルカリの両方を中性に戻そうとする働きのことです。食事や間食のあとは、プラークが歯の鏡面を脱灰して歯の表面を溶かしはじめます。

中性に戻す能力が高い(緩衝能が高い)と溶けている時間が短くて済み、歯を再石灰化する時間が長く取れると考えられます。

ミュータンス菌の量

ミュータンス菌

ネバネバの歯垢を作ってむし歯のきっかけを作る細菌で、一番有名なむし歯菌です。歯に付着するプラークの原因となったり、酸を産生して歯を溶かしたりします。

生まれたばかりの赤ちゃんにはいないため、検査では感染の有無を確認したりもできます。菌数が多ければ、当然むし歯のリスクは高い状態と考えられます。

ラクトバチラス菌

ラクトバチラス菌

むし歯を進行させる菌です。かみ合わせの溝や、詰物の隙間、むし歯の穴にたくさんいる細菌です。
砂糖を与えると強い酸を作ります。

むし歯の予防システム(カリオグラム)

「カリオグラム」

カリオグラムとは、ブラッタール教授とともにう蝕予防の分野をリードしてきたスウェーデンマルメ大学う蝕予防学教室のグンネル・ペターソン博士によって開発された、むし歯ができる様々な原因をリスク検査で調査・分析して今後のむし歯予防のプログラムを立てていく予防システムです。

ショ糖を摂ると、むし歯菌が酸と不溶性グルカンを発生させます。不幸にも更に脱灰が進むと、う窩が形成されます。むし歯になる原因には、宿主因子・食事因子・細菌因子・時間因子が関わっています。
カリオグラムは、デントカルトの判定に従って世界各国の臨床データを基に将来予測をし、個人個人の因子から、今の状態を続けた場合1年以内にむし歯を避けられる可能性を現します。リスク項目のバランスが分かりやすいので優先順位が付けやすく、リアルタイムでグラフを動かしながら患者さんと同じ目線で予防プログラムを立てることができます。

カリオグラムに入力する項目
  • ・う蝕経験指数(視診)
  • ・全身疾患(問診)
  • ・食事内容(問診)
  • ・食事頻度(問診)
  • ・プラーク量(視診)
  • ・ミュータンス連鎖球菌(サリバ)
  • ・フッ化物プログラム(問診)
  • ・唾液分泌量(サリバ)
  • ・唾液緩衝能(サリバ)
  • う蝕を避けること ができる可能性
  • 食事のファクター

    ・食事内容
    ・食事頻度

  • 細菌のファクター

    ・SM菌
    ・プラーク量

  • 感受性のファクター

    ・フッ素の使用
    ・唾液量

  • 環境のファクター

    ・DMFT
    ・全身疾患

福田歯科医院の治療スタンス

一度歯を削ってしまった歯は、二度と元には戻りません。そして、どんな詰め物も被せ物も、ご自身の天然の歯に勝るということはありません。歯科医師の最も大きな使命のひとつは「患者様の歯を守ること」です。

・むし歯にならないよう予防するということ。
・むし歯になってしまっても、できるだけ削らないで治療をするということ。
・治療した歯やお口全体の健康を保つために、継続してメンテナンスをするということ。

これらを一番大切に考えています。

充填(じゅうてん)= CR(コンポジットレジン)

CR(コンポジットレジン)は、白く柔らかい樹脂で、光を当てると固まる材料なので、入り口が小さく中で広がっているむし歯も大きく削らず、むし歯だけを取り、歯の部分をなるべく残して詰めることができます。

  • むし歯を削り、きれいに成形します。
  • レジン複合材を盛ります。
  • 光照射によって硬化します。(光重合)
  • 研磨して歯の形態に整えます。

詰め物(インレー)

インレーとは、むし歯を削って型を取り、銀歯やセラミック(白い歯)などを詰める治療法です。機能的には問題はなく銀歯の場合は保険治療ででき、セラミック(白い歯)であれば保険外治療となります。

  • 軽度・重度のむし歯。
  • むし歯の除去・型取りします。
  • はめ込みます。
  • 研磨して歯の形態に整えます。

MTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメント

神経の近くまで虫歯が進行してしまうと、神経を取る治療が必要になります。しかし神経を取ってしまうと、どうしても歯の寿命が短くなるという問題があります。

「MTAセメント」を使用した治療では、神経に近い部分の虫歯を残して、セメントで保護し虫歯におかされた歯を堅くすることで、神経を取らなくてもよくすることができる可能性を高める治療法です。

根管治療(歯の神経を取る治療)

根管治療とは、歯の神経を取る治療です。歯の神経を取る治療の成功率は70~90%程度といわれ、根の先に膿の袋ができたりしてやり直すことも多い治療です。この治療を成功させるには、「CTによる精密画像による確認」や「マイクロスコープ・マイクロルーペ」を使用して神経の取り残しをしないこと、薬でしっかり閉鎖することなど、非常に精密な治療となります。

土台(コア)

土台(コア)とは、神経を取った歯に被せ物をするための土台となるものです。歯には、食事や、歯ぎしりなど毎日いろいろな方向から強い力がかかります。歯は神経を取ってしまうともろくなってしまい、割れやすくなります。保険治療で一般的に使用されている金属の土台(メタルコア)は丈夫ですが、逆に硬すぎるため、強い力がかかった時に歯が割れてしまうことがあります。

そこで、金属の土台(メタルコア)ではなく、「ファイバーコア」というものが登場してきました。ファイバーコアでは、グラスファイバーの繊維を織り込んだ芯と、接着性レジンによって土台を作ります。硬さやしなり具合が歯と似ているファイバーコアを使用することで、歯が受け止める力を分散して「歯根破折」などのリスクを減らすことができます。

被せ物(クラウン)

クラウンとは、むし歯などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。よく「差し歯」「被せ物」といわれています。比較的小さなむし歯の場合は、詰め物(インレー)による治療を行いますが、大きなむし歯や根管治療をした後は、詰め物ではなくクラウンによる治療となることが多くなります。

クラウンには、保険でできる金属で作られたものや、保険外となるセラミックで作られた天然歯の様な自然な白さのものなど、様々な種類があり、保険と保険外で使える材料が変わってきます。

ページ上部へ

Copyright (C) FUKUDA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ