函館市、七飯、福島、江差で、今評判の予防管理型歯医者 | 福田歯科医院公式サイト

〒040-0036 北海道函館市東雲町20-12
受付時間
午前9:00~12:30 午後15:00~17:30
交通機関
市電/函館駅前駅から徒歩7分 JR/函館駅から徒歩10分
お車
駐車場あり

0138-26-8148 「ホームページを見た」とお伝えください

ご予約はお電話で

始めよう!MTM(メディカルトリートメントモデル)

MTM(メディカルトリートメントモデル)について

MTM(メディカルトリートメントモデル)のおおまかな流れ

初診~初期治療

再評価 ぺリオ OHI 機能

  • ・リスク検査(サリバテスト、
        歯周病リスク診断システム=OHIS)
  • ・根管治療
    ・抜歯
  • ・歯周初期治療(TBI・スケーリング・SRP))
  • ・患者様ご自身の知識・モチベーション
  • ・暫定的な治療
  • ・簡単な修復処置

必要な場合、確定的な治療

再評価 ぺリオ OHI 機能 審美

  • ・確定的歯周外科処置
  • ・インプラント手術
  • ・骨・軟組織手術

補綴、修復処置

再評価 ぺリオ OHI 機能

  • ・歯の状態に合わせた治療(詰め物や被せ物など)

定期管理

再評価 治療効果 リスク メインテナンスプログラム

  • ・口腔の健康維持
  • ・齲蝕歯周病の発生予防
  • ・リスクコントロール

「リスク検査」について

むし歯・歯周病になる原因として、まず大きく影響しているのが、お口のなかの細菌の状態や生活習慣。そして、それ以外に体質と遺伝が挙げられます。悪さをする菌が多くいたり、忙しくて抵抗力が減っている人は、将来むし歯・歯周病になりやすいといえます。その、お一人おひとり違う“歯科疾患にかかりやすい原因”を調べる事ができるのが「リスク検査」です。リスク検査により重症化の確率や悪化のスピードを知ることができます。

そもそも“歯科疾患”とは何なのでしょうか?~歯科領域における疾病構造

「MTM(メディカルトリートメントモデル)」とは、 初期の「お口のリスク評価」から、お一人おひとりに合わせた、「オーダーメイド の予防プログラム」の立案、「最小侵襲治療」などを行い、 「定期的なメインテナンス」に至りお口の健康を末永く守っていく流れです。

メディカルトリートメントモデルは、歯科治療に医科の考え方を導入した診療モデルです。

例えばおなかが痛くて病院に行くと、当然ですが、まずは精密検査を行います。そして検査の結果、胃がんなら胃がんの治療、胃潰瘍なら胃潰瘍の治療が行われます。精密検査もせず、すぐに胃を摘出したりはしません。

同じように、歯を削る前にはしっかりとした口腔内の検査と診断が必要なのですが、これまで、すぐに削って詰めるというような処置が普通でしたし、精密検査がなくても、削って詰めた結果、痛みが取れたら「治った」という認識になることがほとんどでした。

通常、歯科医院に行く時は、むし歯や、歯周病になってから行きます。しかし、実は、その時点では「むし歯や歯周病になりやすいお口の中の状況」になっています。そのお口の中の状況のままで、削ったり、詰めたりという治療を行っても、お口の中の状況そのものが変わらなければ、また、むし歯が再発したり、歯周病が進行して、結局、抜歯の運命が待っていたりするのです。

つまり、「根本的なところに目を向ける」 ~ 「むし歯や歯周病になりやすいお口の中の状況を変える」ことを主眼として治療、その後はメインテナンスを進めていかなければならないのです。そのためにはまず、精密検査で現在のお口の中の状況をしっかりと把握することから始めなければなりません。お口の中の正しいお掃除の仕方をブラッシング指導により身に付けていただき、歯科衛生士によるお口の中全体のお掃除(バイオフィルムの除去)で歯ぐきの状態が安定することにより、お口の中の状況が良くなってきます。そのような状況になってから、むし歯があれば治療を開始していきます。(当然、痛みなどがあれば、緊急の処置についてはすぐに行います。)治療が済んだ後は、その治療の有効性をきちんと検査をして確認し、さらに再発防止に努めることが大切です。

この様な一連の流れである「MTM(メディカルトリートメントモデル)」に沿って診療をすすめることが、「歯を長持ちさせる」ことにつながります。

なんのためにそれをやるのか? 「歯を長持ちさせるため」 「一生健康なお口で過ごすことでもたらされる、幸福の実現のため」

この“考え方・フィロソフィー”が 、「MTM(メディカルトリートメントモデル)」であるといえるでしょう。考え方の根本が違うと、当然、スタンスが変わり、行動が変わり、やることなすこと全てが変わってくるのです。

患者様ご自身が歯科疾患、医療を正しく理解し、健康で、 一生自分自身の歯で噛めるということに、大きな価値を見出す。 そのことに必要なフィロソフィー、 それこそが「MTM(メディカルトリートメントモデル」なのです。

「サリバテスト」

福田歯科医院ではむし歯のリスク検査(サリバテスト)を基にむし歯の治療を行っています。

「カリオグラム」

カリオグラムとは、ブラッタール教授とともにう蝕予防の分野をリードしてきたスウェーデンマルメ大学う蝕予防学教室のグンネル・ペターソン博士によって開発された、むし歯ができる様々な原因をリスク検査で調査・分析して今後のむし歯予防のプログラムを立てていく予防システムです。

ショ糖を摂ると、むし歯菌が酸と不溶性グルカンを発生させます。不幸にも更に脱灰が進むと、う窩が形成されます。むし歯になる原因には、宿主因子・食事因子・細菌因子・時間因子が関わっています。
カリオグラムは、デントカルトの判定に従って世界各国の臨床データを基に将来予測をし、個人個人の因子から、今の状態を続けた場合1年以内にむし歯を避けられる可能性を現します。リスク項目のバランスが分かりやすいので優先順位が付けやすく、リアルタイムでグラフを動かしながら患者さんと同じ目線で予防プログラムを立てることができます。

カリオグラムに入力する項目
  • ・う蝕経験指数(視診)
  • ・全身疾患(問診)
  • ・食事内容(問診)
  • ・食事頻度(問診)
  • ・プラーク量(視診)
  • ・ミュータンス連鎖球菌(サリバ)
  • ・フッ化物プログラム(問診)
  • ・唾液分泌量(サリバ)
  • ・唾液緩衝能(サリバ)
  • う蝕を避けること ができる可能性
  • 食事のファクター

    ・食事内容
    ・食事頻度

  • 細菌のファクター

    ・SM菌
    ・プラーク量

  • 感受性のファクター

    ・フッ素の使用
    ・唾液量

  • 環境のファクター

    ・DMFT
    ・全身疾患

「OHIS」

歯周病のリスク検査ソフトである「OHIS(オーラル ヘルス インフォメーション スーツ)」は、RoyC.Page(元ワシントン大学歯学部教授)をはじめとする、アメリカの歯周病専門医のグループとPREVISER社が共同で開発した、歯周病のリスク評価を行なうソフトウェアのことです。

蓄積され続ける膨大なデータをもとに、世界基準のリスク評価を行うことができます。

これまで、歯周病の診断は、レントゲン検査・歯周ポケット検査などをして、「軽度」や「重度」と診断してきました。

しかし、この「OHIS」では、病状が「10」や「50」、リスクが「2」や「4」などと数値で表すことができ、より理解することが出来るようになりました。リスクという言葉も最近ではよく使われるようになりましたが、「OHIS」では、将来の歯周病の状態を予測する意味で使われています。

このOHISでは病状が1~100、リスクが1~5段階で表示されます。このOHISを使っての診断は従来の検査方法に問診を加え、そのデータをインターネットを通してアメリカのデータベースと照合すると、診断結果が2~3分足らずで出ます。

結果が歯科医師の主観に偏らず、あくまで第3者的に診断できること、また現在は自覚症状がなくても将来のリスクを判断することにより、事前にその予防対策がとれるといった大きなメリットがあります。

担当の歯科衛生士がOHISの結果を基に、リスクに合わせた予防法で定期的な管理を行っております。

これからの歯科医療のあるべき方向性と福田歯科医院

歯科医療の目的は、「早期発見して」「破壊部分を外科的に修復し」「欠損部分を補綴的に補う」というものから、出来るだけ欠損の時期を遅らせるようにマネジメントしていく方向へと向かいつつあります。

もちろん、そのためには、医療者は多くの専門的な知識と的確な技術を保持していることが必要で、それを適切に生かし患者さんが安心して継続的に来院できるような人間性やコミュニケーション能力が欠かせません。また、診療所は快適で清潔で、個人のプライバシーが守られた医療環境を備えていなければなりません。

私たちは患者さん、お一人おひとりと二人三脚でお口の健康を守り育てる歯科医院です。

ページ上部へ

Copyright (C) FUKUDA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ