函館市、七飯、福島、江差で、今評判の予防管理型歯医者 | 福田歯科医院公式サイト

〒040-0036 北海道函館市東雲町20-12
受付時間
午前9:00~12:30 午後15:00~17:30
交通機関
市電/函館駅前駅から徒歩7分 JR/函館駅から徒歩10分
お車
駐車場あり

0138-26-8148 「ホームページを見た」とお伝えください

ご予約はお電話で

メディカルトリートメントモデル

歯周病と全身疾患

歯周病は「全身の病」と密接な関係があります

歯周病は単に口の中だけの病気ではありません。歯周病菌やその内毒素は、毛細血管から侵入したり、唾液と一緒に体内に入って全身に悪影響を及ぼします。

「糖尿病」の人は歯周病になりやすく、歯周病は糖尿病に影響を及ぼします

日本では成人の80%以上が歯周病にかかっています。(※厚生労働省:平成23年歯科疾患実態調査

歯周病は「糖尿病の3大合併症」といわれる腎症・網膜症・神経症等に次いで、第6番目の糖尿病合併症と認識されており、密接な関係にあります。実際、歯周病治療を行うことで糖尿病が改善することが明らかになっています。

歯周病が「心臓病」のリスクを高めることがあることもわかってきています

動脈硬化や心筋梗塞、狭心症などは、高血圧、高コレステロール、喫煙などが危険因子とされてきましたが、「お口の中の細菌」もその原因の一つとして注目されてきています。

お口の中には、細菌がたくさん存在していて、特に歯周ポケット内で増えた歯周病菌が、歯周ポケット周囲の炎症性の組織から血液の中に入り、全身に広がることがあります。通常、入り込んだ細菌は体の持つ免疫作用で排除されますが、心臓の弁に障害があったりすると、血液の流れがスムーズにならないため、心臓の内膜に住みついてしまい、心内膜炎を引き起こすことがあります。またこれらの細菌が血管の壁に付着すると、それがもとで動脈硬化の原因になったり、血栓が出来、特に心臓の周囲の冠動脈を詰まらせると、心筋梗塞や狭心症の原因になることも考えられます。

歯周病と早産による「心低体重児出産」のリスクについて

妊婦の場合、歯周病はお口の中の問題に限らず、早産・低体重児出産に影響があるといわれています。歯周病の局所では、炎症性物質の上昇が認められますが、これらは分娩に関わる物質と共通のものが多いです。

そのため、歯周病の妊婦は分娩の後期に至る前に、これらの物質が早期に上昇し、その影響で分娩時期の前に子宮筋の収縮を促がしてしまうのですが、その結果として、早産になるのではないかと考えられています。実際に妊婦に対して歯周治療を行うことで、早産発生率の減少がみられます。

「誤嚥性肺炎」との関係

「誤嚥(ごえん)性肺炎」は、お口の中にいる細菌の誤嚥が原因となります。誤嚥は、嚥下(えんげ)反射と、咳反射の低下などからおき、特に高齢者に多いものです。そのような高齢者のお口の中には、プラーク(歯や入れ歯についたバイオフィルム)だけでなく、歯周ポケット内、舌背、頬、咽頭、粘膜などに、様々な微生物がバイオフィルムを形成しています。それらのバイオフィルムを形づくっている細菌が唾液とともにに誤嚥され、気道に流入することが原因となって起こるのが誤嚥性肺炎です。

実際、高齢者の肺炎の場合に出てくる細菌としては、「P.G.菌」などの歯周病菌である嫌気性細菌が最も多いことがわかっています。

歯周病について「たかがお口」とは言えない理由

お口の中には28本の歯があります。「歯周病」は通常、お口の中全体に形成された「バイオフィルム」によって引き起こされますので、28本の歯に同時に進行します。

例えば、全ての歯の周りに、キレイに深さ5㎜の歯周ポケットができてしまったと仮定しましょう。その場合、バイオフィルムに接して炎症を起こしてしまった歯周ポケット上皮の総面積は、大人の手のひらの面積とほぼ同じ程度になってしまいます。

これは、一般の方々が歯周病に対して想像するよりも「はるかに大きな範囲で炎症が引き起こされている」ことを意味し、大人の手のひらサイズの面積で、細菌と生体の戦いが常に行われているということになります。

もしも、身体の他の場所にこんなに大きな炎症が起きていたなら、大変な影響がでることは容易に想像できます。また歯周病は「慢性炎症性疾患」であるため、炎症性物質が持続的に出続けます。その影響が歯全身にも及ぶことを考えると、全身疾患と密接な関わりがあることも想像に難くないはずです。

ページ上部へ

Copyright (C) FUKUDA DENTAL CLINIC All Rights Reserved.
スマートフォンサイトへ